きゃも✡きゃも

とろろそばだったんだぞー。

リボルテック モンスターハンターG級変形リオレウス


リボルテック モンスターハンターG級変形リオレウス をレビューします。

rbrusknznhnki02.jpg
rbrusknznhnki03.jpg
【リオレウス形態】
変形玩具の割には上手くリオレウスとしてまとまっています。

rbrusknznhnki04.jpg
【可動範囲】
翼の付け根のリボルバージョイントがハンター形態の腕に接続されている為、翼の可動の自由度は低いです。
ですが、それ以外はリボルテックのリオレウスと同様によく動きます。

rbrusknznhnki05.jpg
飛行ポーズも思いのままです。

rbrusknznhnki06.jpg
rbrusknznhnki07.jpg
【変形】
差し替え無しの完全変形。
ほぼ収納されている四肢を開くだけの単純変形ですので難しくありません。

rbrusknznhnki08.jpg
rbrusknznhnki09.jpg
【ハンター形態】
さくっとハンター形態に。
若干胴長ですが、かっこよく纏まっているんじゃないでしょうか。
レウスの脚が腰から背中に回ることによって腰部の細さを良い具合に誤魔化せてます。

rbrusknznhnki10.jpg
別パーツとして巨大なランス状の武器が付属。

rbrusknznhnki11.jpg
後ろの6㎜リボルバージョイントを握って保持します。
残念ながら、大型な為に安定感はありません。

rbrusknznhnki12.jpg
rbrusknznhnki13.jpg
迫力があるのは良いのですが、やはり保持が厳しい。
気になる人は手首を外すと3㎜穴が現れるので、そこに直接リボ球を刺すと安定して保持出来ます。
(見た目は損なわれますが)

rbrusknznhnki14.jpg
可動範囲は良好で、四肢はよく動きます。
デザイン上腰がほぼ固定になってしまいますが、その分安定感があります。

rbrusknznhnki15.jpg
rbrusknznhnki16.jpg
rbrusknznhnki17.jpg
結構重量があるので、リボルテックのスタンドで浮かせるのは厳しそうです。

rbrusknznhnki18.jpg
腰のレウスレッグは隠し腕的なギミックとして使っても面白いです。


以上、モンスターハンターG級変形リオレウスでした。

はい自作です。

リボルテックのリオレウス(亜種)とハンター(リオソウル装備)をニコイチにしました。

両方のパーツを全部使って完全に余剰パーツ無しです。
(武器などの小物類は使用していません)
大型ランスは戦隊ロボのオマージュとして大目に見てください。

rbrusknznhnki19.jpg
見栄えを重視するため首にダブルジョイントを使用しています。
(武器からリボ球を取ることにより、これを使わない方法もあります)
これだけはリボルテックのレウスとハンターに付いていないので注意。

  web拍手

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/02/28(土) 22:11:22|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンダイ S.H.フィギュアーツ アルファモン


「でも今はこのデジタルワールドに生まれ、あなた達と出会えたことを誇りに思う。 生命は、つながっていくものだから。」
S.H.フィギュアーツより、アルファモンをレビューします。

fgatarfamnzv02.jpg
fgatarfamnzv03.jpg
【フロント&リア】
アルファモン  聖騎士型/ワクチン種/究極体
13番目のロイヤルナイツであり、ロイヤルナイツの一員にしてその抑止力「空白の席の主」。
・必殺技/デジタライズ・オブ・ソウル
・通常技/究極戦刃王竜剣、聖剣グレイダルファー

アルファモンを究極立体化。デジモン特有のメリハリのあるプロポーションをよく再現しています。
黒光りする装甲と、それに負けないくらい発色の良い金塗装が素晴らしい。
塗装の飛び跳ねが数か所見受けられましたが、細部までよく塗り分けてあります。
ボロボロのマントの造形がまた実に良い。


fgatarfamnzv04.jpg
マント無しで背面も。

fgatarfamnzvxx1.jpg
fgatarfamnzvxxx.jpg
【パッケージ】
いつの間に恒例となった渡辺けんじ氏描き下ろしイラスト。
そして購買意欲を沸かせるウインドウタイプのパッケージ。なのに限定販売のみなのは勿体ない。
毎度ながらこのイラストのカード付けてくれればいいのに。
たぶんそのうちプレミアムファイルかなんかにシレっと入れてくるんだろうけど。
たぶん「剣術」もってるな。

fgatarfamnzv05.jpg
【付属品一覧】
台の面積が大きいシンプルな魂ステージと手首、王竜剣が付属。
王竜剣は二分割されています。接続部に金属シャフトが通る為、耐久性はよさそうです。

fgatarfamnzv06.jpg
【可動範囲1】
全体的にはかなり広い可動範囲です。
首は三重可動でぐりぐりと、胸腰はボールジョイント+軸可動が内臓されており見た目以上によく動きます。
複雑なデザインながらも、顎を引く、腰を入れる等の可動が容易なのは素晴らしい。
肩回りや肘可動は至って良好。
開脚は調整しながらうまくやれば画像くらいになりますが、腰アーマーの塗装部分に干渉するので注意が必要です。
接地性はボールジョイント一つなのでそれほど良くありませんが、安定して自立するくらいは容易です。

fgatarfamnzv07.jpg
【可動範囲2】
膝は二重関節ですが干渉するため100度ほどしか曲がりません。
スラスター部分は立て左右に可動。
マントは三枚構成で左右が開くだけでなく中央部も左右に可動。そのまま上げ下げできます。
上げた時に画像のように途中でクリックが入り、そのまま維持できます。
アクションフィギュアのマントは鬼門ですがオメガモン→デュークモン→アルファモンと着実に進化しています。

fgatarfamnzv08.jpg
魂ステージは股下の3㎜穴に直接差し込みます。
黒塗装な為穴は目立ちません。
重量が結構あるので浮かせて飾るのには注意が必要です。

fgatarfamnzv09.jpg
fgatarfamnzv10.jpg
fgatarfamnzv11.jpg
fgatarfamnzv12.jpg
fgatarfamnzv13.jpg
fgatarfamnzv14.jpg
fgatarfamnzv15.jpg
全身よく動き、王竜剣の存在感が半端ない為にダイナミックなポージングも思いのままです。

fgatarfamnzv16.jpg
fgatarfamnzv17.jpg
fgatarfamnzv18.jpg
首が大きく動くため、激しいポーズも静かなポーズにもしっかり雰囲気が出ます。

fgatarfamnzv19.jpg
fgatarfamnzv20.jpg
王竜剣は見た目ほど重くない為取り回しやすい。

fgatarfamnzv21.jpg
『聖剣グレイダルファー』
が残念ながら付属しなかったのでシリーズ先祖から代用。

fgatarfamnzv22.jpg
『デジタライズ・オブ・ソウル』
用の手ですが、手首が良く動く為に角度調整次第で普通に平手として使えます。

fgatarfamnzv23.jpg
オメガモンと。
うっはすげえ。

fgatarfamnzv24.jpg
ロイヤルナイツ三体目。
ゼヴォのやり取りが大好きなのでせめてマグナモンだけは何とか出してほしいところ。
あと出るとしたらアルフォースくらいでしょうか。お願いします。もうどんどん出してください。X抗体も。


以上、アルファモンでした。

見た目はほぼ文句なしだったデジモンアーツシリーズですが、細かい点で確実に進化しています。
特に全身の可動箇所は凝っていて、デザインを全く崩すことなくアクションフィギュアとして立体化していて感心。
マント可動はわかりやすく進化を感じられて実に良い。

商品には文句無しですが、グレイダルファーとスラスターから出る羽を追加パーツとして売ってくれると尚テンションが上がります。
流石に難しいでしょうが。トコモンX抗体とかおまけで付けてくれたら最高じゃないか。

  web拍手

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/02/27(金) 23:28:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あと10体


キターーーー

fgatarfamnzvx.jpg
こうしてアルファモンのアクションフィギュアをですね。遊べるんですね。なんかもうよくわかんねえ。すげえ。

  web拍手

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/02/26(木) 22:57:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よくわかんないの背負ったジャイオーン


  web拍手

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/02/25(水) 21:56:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昼休憩にセブンに行ったらこのザマ


  web拍手

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/02/24(火) 23:03:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

できむ

Author:できむ
できむさん。
それは
自ら考え行動する人工知能を備えた
アプリ生命体。
そして今、ネットの海深くfc2に潜む
恐るべき玩具ブログが動き出した。
来る2017年
買い漁った玩具で
できむさんが悶える

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア