きゃも✡きゃも

とろろそばだったんだぞー。

バンダイ D-arts メタルガルルモン

「はじめに、蝙蝠の群れが空を覆った。続いて、人々がアンデッドデジモンの王の名を唱えた。
そして時が獣の数字を刻んだ時、アンデッドデジモンの王は獣の正体を現した。
天使達がその守るべき人の最も愛する人へ光と希望の矢を放ったとき、奇跡は起きた」




「奇跡よ! 起きろ!」


atmgrr01.jpg
atmgrr02.jpg
atmgrr03.jpg

atmgrr04.jpg
ガブモン!

atmgrr05.jpg
ワープ!

atmgrr06.jpg
atmgrr07.jpg
進化ァァ!!

atmgrr08.jpg
atmgrr09.jpg
atmgrr10.jpg
atmgrr11.jpg
atmgrr12.jpg
atmgrr13.jpg
atmgrr14.jpg
atmgrr15.jpg
atmgrr16.jpg
atmgrr17.jpg
メタルッ

atmgrr18.jpg
ガルル

atmgrr19.jpg
モンッ!!

atmgrr20.jpg
atmgrr21.jpg
atmgrr22.jpg
atmgrr23.jpg
atmgrr24.jpg
atmgrr25.jpg
atmgrr26.jpg


atmgrr27.jpg
メタルガルルモン  サイボーグ型/データ種/究極体
石田ヤマトがエンジェモンの放つ希望の紋章から生まれた聖なる矢を受けた時
奇跡が起こり、ヤマトのパートナーデジモンであるガブモンがワープ進化を果たした姿。

・必殺技/コキュートスブレス
・得意技/ガルルトマホーク、グレイスクロスフリーザー


D-artsより、メタルガルルモンをレビューします。

atmgrr28.jpg
atmgrr29.jpg
atmgrr30.jpg
造形、塗装、質感どれをとっても素晴らしい。
あぁ。メタルガルルモンだ。

atmgrr31.jpg
【付属品一覧】
最低限です。

atmgrr32.jpg
付属のディスプレイ用魂ステージアタッチメント仕様例。
ボディをパーツの形に合わせて乗っけるだけですがそこそこの安定感。
いつものボディに穴をあける方式を取らなかったのは、本体のクオリティに製作側自身がビビったからに違いない。

atmgrr33.jpg
atmgrr34.jpg
atmgrr35.jpg
【可動範囲】
想像を遥かに上回る究極の可動範囲です。
首の左右可動だけ固めですが、四足歩行モデルではこれ以上文句は無いでしょう。
接地性の良さはもちろんのこと、つま先可動も搭載。顎もしっかり開きます。
そのままゾイドのアクションフィギュアとか出すべきだと思えてくる。

atmgrr36.jpg
リターンマッチだ!

atmgrr39.jpg
atmgrr38.jpg
ウイングエフェクトは差し替えで再現。
取り外し易く、しかしポロリし易いということは無い丁度良い塩梅。

atmgrr41.jpg
ガルルトマホークは胸のパーツと差し替え。
発射直後しか再現できませんが造形は見事。

atmgrr42.jpg
コキュートスブレス再現エフェクト。
口内に差し込みます。

atmgrr43.jpg
ウォーグレイモン付属のガイアフォース再現エフェクトと同様に迫力には欠けますが、使い方次第でかなり雰囲気が出せます。



atmgrr44.jpg
二大究極進化!闇をぶっとばせ!!

atmgrr45.jpg
もう涙が出てくる。
ぶっちゃけウォーグレイモンだけでは何かが違う何か足りない状態だったんだよね。

atmgrr46.jpg
いろんなデジモンソングが頭ん中を駆け巡っている。

atmgrr47.jpg
デジモンは良い…

atmgrr48.jpg
溜めの時点でも

atmgrr49.jpg
かっこよすぎる必殺バンク。

atmgrr50.jpg
究極体激突!ウォーグレイモンVSメタルガルルモン
「…次ははずさないぞ」
「本気なんだね…!」

atmgrr51.jpg
(ヤマト…オレにはわかってる。本当は信じたいんだよね。仲間も、友だちも……友情も…!)

atmgrr52.jpg
なんだろう。もう、すごいな。

atmgrr53.jpg
こんなことになるなんて当時は思ってもみなかった。
オモチャとして出せることを前提にデザインされたウォーグレイモンが、
オモチャ化しないことを踏まえてデザインされたオメガモンが、
こんなにもハイクオリティなフィギュアとしてリアライズしたこと。
そしていまオモチャとしてのギミックを最小限に、コレクターズトイとしてここに誕生したメタルガルルモン。

atmgrr54.jpg
atmgrr55.jpg
オメガモンも再販すれば良いと私は思います。


おもちゃのためのデザイン。どこまでも魅力的な男の子心をくすぐるカッコよさ。
コレクターズトイだと言っても、もっとおもちゃらしいギミックが欲しくてたまらなくなった。
それはたぶんメタルガルルモンの立体物として究極だったからだと思います。

15年前の自分の憧れ。

本当に長かった。

時間がかかっただけに、ほとんど文句のつけようがない、妥協のない作りで満足の極み。
究極体にふさわしい、究極の出来のフィギュアとなりました。

D-realでも発売されなかったメタルガルルモン。
四足歩行の彼が商品化に恵まれないのは人気云々なんぞではない、大人の事情があるのだろうとずっと思っていた。実際そうなのだろう。

獣型故にヒロイックさでオメガモンやウォーグレイモンに引けを取っているのは事実だろうが、
メタルガルルモンにはそれ以上の魅力が確かに存在している。

あの「デジモン」がコレクターズトイとして発売されるようになった今ついに、全ての不満を払拭してくれる、
ハイクオリティなメタルガルルモンの立体物を手にすることができたのです。
リアライズ!! 今、フィギュアが進化する!

二大究極体が机の上を、PCの周りを、縦横無尽に駆け巡る!
あの頃の少年たちが欲しかったモノが確かに今ここにある!
大人になった今だからこそ手に入れられる極上のクオリティで!

デジモンアーツのコンセプトを思わせてくれる素敵な作品です。

  web拍手

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/06/23(日) 23:30:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<佐川の配送が悪いことを 誰だって知っているけど ずっと昔はわからなかった | ホーム | 【巡回】>>

コメント

進化シーンの再現クオリティめっちゃ高いですねww
  1. 2015/01/18(日) 14:51:27 |
  2. URL |
  3. 名無しの歌姫 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます。

あるものでどうにか再現しようと奮闘した結果、意外と様になりました。
愛ですね。
  1. 2015/01/18(日) 21:49:52 |
  2. URL |
  3. できむ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skyofjade.blog75.fc2.com/tb.php/1486-c0e1fb75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

できむ

Author:できむ
できむさん。
それは
自ら考え行動する人工知能を備えた
アプリ生命体。
そして今、ネットの海深くfc2に潜む
恐るべき玩具ブログが動き出した。
来る2017年
買い漁った玩具で
できむさんが悶える

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア