きゃも✡きゃも

とろろそばだったんだぞー。

メガハウス G.E.M.シリーズ 八神太一&アグモン


どんな強い敵だって 負けないぞ いまより小さなボクは 未来にはいない
GEMシリーズの太一&アグモンをレビューします。

titi02.jpg
titi03.jpg
【フロント&リア】
15年の時を経て、選ばれし子供たちがガチのフィギュアで立体化。
アニメから出てきたかのような造形と塗装のハイクオリティなフィギュアに。
1/10スケールで約10㎝という小サイズながら、躍動感のあるポージングで良い存在感です。

titi08.jpg
【台座】
勇気の紋章が造形されてます。
デザインは良い感じですがクリアブルーは若干安っぽい気がします。

titi17.jpg
【初回特典】
デジモンカードが付属。
デジカーは最近蘇ったもんだから余計に嬉しいおまけです。
玩具写真のカード化なのでかつてのD-real等を思わせるのも良い。
しかも強いぞ!これ赤枠グレイモンとかにしたら攻撃力軽く1000越えするじゃん。

titi04.jpg
アグモン。
数あるアグモンフィギュアでも過去最高レベルのクオリティですね。
すげー可愛い。
口の分割線はアグモンフィギュアの宿命なので諦めよう。

titi05.jpg
ぐるっと。

titi06.jpg
特徴的な太一ヘアーをよく再現しています。

titi07.jpg
腹チラ。
スニーカーも良いふっくら感。
実にそれらしい。

titi0x.jpg
残念なことにデジヴァイスが何故か太一カラー。
いや太一なんだけどさ…通常時は白でいいやん。
造形はそこそこ。

titi09.jpg
アグモンは外せます。
しかし取り付け用の軸がむき出しだったり、穴が開いていたりと中々残念。

titi10.jpg
そして太一にはウインク顔の交換ヘッドが付属。
ボールジョイントなので簡単に取り替えられます。

titi11.jpg
アグモン単体にできるのはかなり嬉しかったり。
なんせこのアグモン躍動感ある上にすこぶる出来が良い。

titi12.jpg
「ベビーフレイム!」
適当にエフェクト見つけて遊んでみたり。

titi13.jpg
メガハウス公式の購入キャンペーンでコロモンが当たるらしいですが…たった100名に。
代用としてザ・デジモン置いてみたり。

titi14.jpg
D-artsと。
サイズもいい感じなんだけど、太一の手のでっぱりが。
個人的には交換用頭部よりも交換用握り手の方が良かったかも。

titi15.jpg
一緒に飾るのもいいですね。

titi16.jpg
ヤマトもレビューしますが、ガブモンが外せないので太一の方が地味にプレイバリュー高いです。
固定モデルでもちょっとした遊べる要素は良いですね。


以上、太一&アグモンでした。

素晴らしいの一言。

まさに劇中そのままの、元気いっぱいの太一とアグモンです。
CVが聞こえてきそうです。

太一の顔など細かい塗装は多少粗かったりしますが、量産品でこのレベルならば問題なし。
同時発売のヤマトともども良い出来です。

他の6人もしれっと発売しませんかねぇ。

  web拍手

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/01/26(日) 20:56:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<X抗体 | ホーム | 一緒だから 強くなれる そっと心 重ね合えば>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skyofjade.blog75.fc2.com/tb.php/1711-e8db4b25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

できむ

Author:できむ
できむさん。
それは
自ら考え行動する人工知能を備えた
アプリ生命体。
そして今、ネットの海深くfc2に潜む
恐るべき玩具ブログが動き出した。
来る2017年
買い漁った玩具で
できむさんが悶える

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア