きゃも✡きゃも

とろろそばだったんだぞー。

スクウェア・エニックス PLAY ARTS改 アーカムナイト


プレイアーツ改より、アーカムナイトをレビューします。

prayartsarkam02.jpg
prayartsarkam03.jpg
prayartsarkam04.jpg
【フロント&リア&比較】
アレンジなしのプレイアーツ改シリーズでの立体化。
元ネタは知りません。
頭部は発光状態?の頭部と通常のものの二種類が付属します。
これまでのシリーズ同様造形も塗装も概ね良いのですが、個体差か頭部の顎部分が歪んでました。

prayartsarkam05.jpg
【付属品一覧】
他にいつもの組み立て式台座が付属。
ロングライフルは差し替え要のサイドグリップが付属。

prayartsarkam06.jpg
軟質パーツを効果的に使用した広い可動範囲はシリーズ共通。
今回は更に腕の引き出し関節と腿ロール可動が追加。
アイアンマンの引き出しとはまた違う関節が胴内部にあって凄まじい可動域を誇るため余裕で腕組みができます。
たぶんこんなポーズしないとは思いますが。
しかしその二か所の可動機構が保持力という点で足を引っ張ってます。
そう、割とユルユルです。

prayartsarkam07.jpg
prayartsarkam08.jpg
腿ロールはかなりポージングに重宝しますがすぐに緩めになるためカッチリ感が損なわれます。

prayartsarkam09.jpg
肩の引き出しも銃キャラには特に重宝しますが腿ロール同様に保持力が心もとない感じになってカッチリ感が損なわれます。

prayartsarkam10.jpg
prayartsarkam11.jpg
prayartsarkam12.jpg
prayartsarkam13.jpg
prayartsarkam14.jpg
prayartsarkam15.jpg
prayartsarkam16.jpg
prayartsarkam17.jpg
prayartsarkam18.jpg
prayartsarkam19.jpg
でもめちゃくちゃカッコいい。


以上、アーカムナイトでした。

可動範囲を取るとどこかしら安定感が損なわれる。

共通クリック関節を多用して丈夫さ、カッチリ感があり、玩具として遊びやすい。
シリーズの良さに可動範囲拡大が微妙にかみ合ってないのが気になります。

更なる進化が望まれますね。
あと地味にパーツ精度がSICみたいないい加減さになってるので、品質改善にも期待したい。

  web拍手

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/22(土) 22:40:08|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<バンダイ HG ガンダムG-セルフ (パーフェクトパック装備型) | ホーム | 一筋に無敵の男>>

コメント

自分も彼の詳細が分かりません

でも買った
プレイアーツの中では安いほうですし、もう品質には目を瞑って遊んでます

この人はヴィランらしいから敵なのは間違いないけど
日本人から見ればマスクがヒロイック過ぎますよね
あとアーカムナイトって名前!
バットマンとは別に、街を守る戦士にしか見えません
知り合いが言うには見た目はSICブルースワットって感じらしいです
  1. 2015/08/22(土) 23:26:17 |
  2. URL |
  3. ( ^ν^ ) #-
  4. [ 編集 ]

おつかー

敵か味方か
とか書いてありましたけどね。
名前がヒロイックすぎる。

ヴァリアントじゃないからこの人は素でこのデザインなんだろうけど、
アレンジされたブルースワットは確かにこうなりそう。

品質は高額商品にしてはアレですがまぁ許容範囲ですね。
  1. 2015/08/23(日) 22:18:52 |
  2. URL |
  3. できむ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skyofjade.blog75.fc2.com/tb.php/2288-582ba52c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

できむ

Author:できむ
できむさん。
それは
自ら考え行動する人工知能を備えた
アプリ生命体。
そして今、ネットの海深くfc2に潜む
恐るべき玩具ブログが動き出した。
来る2017年
買い漁った玩具で
できむさんが悶える

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア