きゃも✡きゃも

とろろそばだったんだぞー。

バンダイ GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE RX78-2 ガンダム(THE ORIGIN)


GFF メタルコンポジット RX78-2 ガンダム (THE ORIGIN) のレビューです。

fixor02.jpg
【フロント】
箱を開けるとこの初期型の状態で入っています。
大きさは大体1/100スケール。
肩や肘、股関節や脚など、かなりのダイキャストを使用しており中々の重量があります。

fixor04.jpg
【サイド】
スタイルはかなり良好かと。

fixor03.jpg
【リア】
各部のマーキング等丁寧な作りで、何処から見ても満足できます。

fixor05.jpg
【アップ】
ツインアイはピンクで塗装。
メインカメラはクリアグリーンで再現。
頭がほぼ一体成型の為か顔の塗装が悪い個体が多いらしいです。

fixor06.jpg
fixor07.jpg
fixor08.jpg
fixor09.jpg
fixor10.jpg
【各部アップ】

fixor11.jpg
【付属品・手首他】
アンテナは白いものが二本(軟質と硬質)、硬質の黄色いものが一本付属。
手首は安心の丸指。カトキリファインのデザインに合うかはともかく。
GFFおなじみの台座も付属しますが支柱などは無く、ただのネームプレートとなっています。

fixor12.jpg
【付属品・武器類】
ライフルやバズーカなど。造形、塗装共に良品質。
ダイキャストは使われて無いものの、パーツ密度があるのかどれも結構な重量です。

fixor13.jpg
【可動範囲1】
非常によく動きます。
コアポッド内臓の為に腰が左右にしか動かない以外、ほぼ不満なく動きます。
コックピットハッチはジオリジン仕様になっており下に開きます。

fixor14.jpg
【可動範囲2】
接地性も高く下半身の可動範囲はバッチリ。
上半身も良く動きますが、肩周りの保持力が弱くポージングの際に非常に気になります。
せっかくの良可動もそのせいで勿体ない感じに。
珍しい可動としては顔を上げると後ろ襟が凹むギミックがあり、かなり上を向けます。

fixor15.jpg
シールドの接続が珍しく腕に装備する為の軸をバックパック上部に差し込みます。
シールドを背負わないときは軸穴を隠すパーツを使い穴をふさぐことができます。

fixor16.jpg
シールド裏にはサーベル柄が二本、ライフル(二種類どちらでも)をマウントできます。


fixor17.jpg
初期型
ショルダーキャノンに無骨なライフル。ついでに黄色角にしてみました。
カトキリファインが入っていてもむせかえるカッコよさです。

fixor18.jpg
腕にはオリジン特有のバルカンを内臓。

fixor19.jpg
ショルダーキャノンはバックパックのサーベルラックを外してセット。

fixor20.jpg

fixor21.jpg
ライフルやバズーカののスコープはクリアパーツとなっており非常に綺麗。
もちろんスコープ、フォアグリップが可動。
広い可動範囲の恩恵で余裕を持って両手持ちができます。

fixor22.jpg
fixor23.jpg
サーベルにも楽々手が届きます。

fixor24.jpg
fixor25.jpg
サーベル刃は太く、迫力があります。

fixor26.jpg
fixor27.jpg



fixor28.jpg
中期型
変更点は上半身のみ。
初期型では左右非対称だった胸のダクト周りなど、細かいデザインが対称的になりました。

fixor29.jpg
その他に肩にフック的なものが付いたり、上腕部のバルカンが無くなったりと結構印象が変わります。

fixor30.jpg
そして中期型と言えばコアポッドの内臓。
なんてことは無くいつもの商品のように、ただ上半身を引っこ抜いて内臓します。

fixor31.jpg
【コア・ポッド】
より現実的に考えられたコア・ファイター。
小さいながらマーキングも多く、見栄えは良い感じ。
収納形態は差し替え無しで再現。

fixor32.jpg
収納の際は専用のレールみたいなものを使用します。

fixor33.jpg
上半身と下半身はツメでしっかり噛み合っているのでポロリの心配はありません。

fixor34.jpg
ハッチを開いてコンニチハできます。

fixor35.jpg
新型ビームライフル。
おなじみの形。
シャープな造形がおなじみのスマートさをより引き立ててくれます。

fixor36.jpg
fixor37.jpg
fixor38.jpg



fixor39.jpg
後期型(マグネットコーティング)
スマートで洗練されたカッコよさながらに、脚からむき出しになったバーニア等がかなりオリジナリティを醸し出しています。
マグネットコーティングをダイキャストパーツで再現というのが面白いです。
ようやく書きますがリアアーマーにバズーカ又はライフル(二種類とも)をマウント可能。
バズーカはしっかり保持しますが、ライフルはポロリしやすくオマケ程度のギミックになります。

fixor40.jpg
肩や胸周りにもかなり変化が。

fixor41.jpg
fixor42.jpg
各関節の丸いパーツにダイキャストを使用。
高級感が増します。

fixor43.jpg
脚や背中のバーニアは手動で引き出します。
ロック機構などは特に無い為、遊んでいると引っ込んだりするのが残念。

fixor44.jpg
オリジンガンダムは型番が“RX-78-2”じゃなくて“RX78-2”なんですよね。

fixor45.jpg
最終決戦仕様。
GFFシリーズはこの装備がよく似合う。

fixor46.jpg
バズーカは弾が取り外せます。

fixor47.jpg
fixor48.jpg
首可動が優秀で宙間戦闘の姿勢がばっちり決まります。

fixor49.jpg
珍しくラストシューティング。

fixor50.jpg
おまけでおもしろい比較。
思いっきりアニメ調のポピーガンダムと、その点何だか中途半端な今作。
しかし今作はただのカトキガンダムよりも絶妙にTV寄りな感じがしてかなり好み。



以上、メタコンオリジンガンダムでした。


GFFらしい情報量の多さでありながら、かっちりとした完成度を兼ね揃えているのは嬉しいところです。
コンパチ式でありながらも、パーツのポロリなどほとんど無い安心仕様。
取りたいポーズがほとんど決まる可動範囲の広さも魅力的。

そしてなにより、ダイキャスト多様による重量感が堪らない。
高級感とそれに伴う満足間を出すには一番のポイントですしね。

しかしながら問題点も多く、上げるとすれば
・肩周りの保持力が弱く、広い可動範囲という長所を殺している。(ダイナミックに肩を上げても垂れ下がってくる)
・シールドののぞき穴が閉じたままとか、肩のガトリング砲が再現されてないとかツッコミどころも多い。
・値段が異常。(同シリーズのGファイター付きガンダムより高い)

あとはデザインの問題ですね。
濃いカトキリファインのせいでオリジンガンダムというには中途半端。

だいぶ前に出たアクションフィギュアみたいな、ばっちり安彦スタイルのガンダムではないので、
あのスタイルが欲しいのなら全く適して無い。

まぁ、このカテゴリーで商品化したのだから仕方ないと言うか当たり前というか…
新しいスタイルのガンダムってことで「見た目が気に入ったら買い」という感じでしょう。
見た目は間違いなく所謂『ガンダムVer.ka』とは別物なので。

デザインさえ気に入ればかなり良いもの。
手に取るともうニヤニヤが止まりません。

  web拍手

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/19(月) 20:31:56|
  2. ロボット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バンダイ S.H.フィギュアーツ シンケンブルー | ホーム | 【巡回】 廃人寸前>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skyofjade.blog75.fc2.com/tb.php/839-63609acb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

できむ

Author:できむ
できむさん。
それは
自ら考え行動する人工知能を備えた
アプリ生命体。
そして今、ネットの海深くfc2に潜む
恐るべき玩具ブログが動き出した。
来る2017年
買い漁った玩具で
できむさんが悶える

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア